毎週キャンプ
2009/01«│ 2009/02| 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 »2009/03
2009/02/26
00:32:00
上海旅話の2回目は食です。
文字ばっかですいません。なるべく読み易く心がけてますが。

■物価:1/3~1/5以下かと。
ガイドさんが、サラリーマンの平均月収が6万円くらいとか言ってたかな。
#これは高速道路の料金支払いの受付さんが大体倍の12万くらいと言ってたので。
 余談ですが高速のICにはETCのゲートもあるんですが手払い兼用で(無意味
 そもそも上海にはETCを取り付けている車が40台しかないという、無茶苦茶無意味VIPな設備です。。
 1800万都市だぞ。
閑話休題。ペットボトルのジュースがコンビニで50円しないくらいです。
中国は茶が有名ですが、上海で一番売れてるのはサントリーのウーロン茶です(^-^;まじで。
ラベルも日本のと全く一緒ですが、上海ではウーロン茶にも加糖のものがあります。

■酒事情
お酒はビール(またサントリー(w )が350ml缶で同じく50円くらい、青島(チンタオ)ビールが
若干高めで60円くらいかな。もっとも向こうでビールはどちらかというと高いお酒。
白酒というのが日本の感覚でいう安い焼酎、
紹興酒くらいが日本の感覚でいう日本酒くらいと私は認識しました。
雑貨屋で6Lくらいの酒が800円くらいだったでしょうか、
この辺が「俺とお前と~大○郎~♪」くらいの酒ですかね。
割といい紹興酒が720mlで600円~くらい。
ちなみにコンビニで老酒(ラオチュウ)の小瓶を買いましたが
これが私には全くうけつけない、ゲロのような味でした(コラ
#今まで嫌いと豪語(?)してたジンですら700ml瓶はいずれ飲みきったんだから、
ホテルに飲み残して置いてきたというのは前代未聞の嫌いな酒です。

■水事情
上海は長江の流域ですが海には面していません。
水は川の臭いがします。勿論生水は地元民も飲みません。
でもお茶は生水を沸かしただけなので、レストランとかで出るお茶は
大抵イヤな味がします。(同行してたうちの)社長が一度レストランに
「ミネラルウォーターでお茶を沸かしてくれ」
とオーダーしたら、成程確かにおいしい中国茶でした。

■上海風味
黒酢:これが私にはウエッときて一番苦手でした。
八角:肉には大抵使ってます。私は平気でした。
笹:ちまきとか。私は平気でしたが、駄目な人続出でした。
あと魚が淡水魚で、やはり川魚独特の生臭さがあります。
レストランで出た一番おいしいという淡水魚も、みんなには不評でした。
私は鮎レベルの川魚味で食べられましたが、小骨が多くウグイを彷彿としました。

■上海蟹
上海蟹は超高級です。一匹(一杯)3000円くらいすると伊集院のラジオで言ってました。
物価が1/5だとうちらでは15000円相当の料理。
テレビに出る位の価格帯ですよね。
味は…私蟹の味よくわからない(爆
特に蟹味噌のおいしさがわからない貧乏舌です。
川蟹なので足の身は少ないです。

■四川料理
四川料理といえば麻婆豆腐が有名ですが、
円卓に並んだ料理のうち、1/4は辛かったです。
麻婆っぽいゴボウとか、麻婆っぽい豆料理とか。
一見パスタにみえる辛い麺とか。

今回のツアーで食べた食事はいずれもそこそこ値の張る
レストランの料理の筈なのですが、みんなどこか
挑んだ」感があるのはなぜでしょうかね(^-^;
相部屋だったいつもの同僚曰く、
ホテルの朝食が一番うまい
とのこと。
※このホテルがすばらしいホテルでした。

こんな感じの素人分析でした。
みんな帰国してからとにかく白いご飯を食べた、という方が多かったです(^^;
私は普通にパスタでしたが。なにせ冷蔵庫空でしたし。。

22:49:03
あ、コメントで質問あるまでなんの説明もありませんでしたが、
2/13~16の三泊四日で上海に社員旅行行ってきました♪
カメラ紛失を除けば、概ね観光地も回りましたし
怪我や病気も(下痢気味だったけど)なかったし
満喫しました。
ちうことで気が向くまま幾つかお題を絞って
上海の特徴を紹介したいと思います。

写真が(ry
リンクとか貼りつつお茶を濁そうかと(をい
リンク先のみなさん無断ですが
気付いても怒らないでね。

■上海はバイク・自転車が多いです。
ただし、125cc以下に限ります。町中を走るのに
それ以上の排気量はいりませんもの。
つまり、趣味でなく実益。荷物も人もガンガン積んでます。
電動やLPGなど動力もさまざま。電動のはほんと静かです。

http://www.geocities.jp/makopun2/page019.html
http://plaza.rakuten.co.jp/m2gate/diary/?ctgy=4

あっちのスクーターは一台一台手を加えてて、
見てて飽きません。泥よけや保護用のバーは当たり前。
http://blog.livedoor.jp/motorparts/archives/50018245.html

あと上海ではいわゆる日本で「モペット」と呼ばれるエンジン付き自転車
(というかペダル付き原付)も結構みかけます。
日本じゃヨーロッパの輸入車がばか高い値段で手が出ませんが、
上海で買うと安いんだろな…。
ちなみに向こうで普通のスクーター買うと4万円くらいだそうです。
これは物価が1/5以下の上海でみると相当高いですね。

無論日本製のバイクの方が優秀のようです。
まずYAMAHAやHONDAに似た(?)ロゴのスクーターをみかけます。
あと白バイは殆どSUZUKIのGZ125です。
SUZUKIの海外評価は非常に高いようです。
http://shiotani.cn/20080619shanghaipolice.html

■一方の車。
上海はセダンしか走ってない、てくらい一様です。
ワゴンとかRV車とかファミリー向けのものは殆ど見かけません。
また逆に軽自動車という縛りがないのでしょう、みかけません。
タクシーは99%はBMW(後日修正:VolksWagenでした)
です。これはBMWVolksWagenが上海に工場を
構えているからだそうです。
実際BMWやアウディ等海外のがっちりした車をよく見かけます。

■上海の交通マナー
…予想通り悪いです。自動車優先です。
かと思いきや自動車がびゅんびゅん走ってる車道を
自転車が右折してたり恐怖ッ!
どちらも常に警戒心が必要です。
歩行者信号が青の時、点灯してない赤の方で残り秒数をカウントするのが
せっかちさん☆

20:38:21
img116.jpg

これがある国、上海に行ってきました。
本来ならそれらしい写真をupしたかったのですが
カメラを現地で落としてなくしてしまいました(T-T)

ちうことで日記はどーするかな…

2009/02/12
21:33:52
CA330112.jpg

今週末の旅行に向けての準備です。
バイクじゃないですよ(^^;
普通のリュックとデジカメとか入れるポーチだけ。
これでどこあたりに何泊するかわかったら大したもんだ(w

21:38:12
30日は夕方着、
31日は那智熊野詣で、
元旦は潮岬沈没、
2日は伊勢泊、
3日にフェリー乗船でした。

■那智熊野大社
ここは滝が有名です。
P1030146.jpg

この入り口の脇にあるバス停
P1030162.jpg
の脇が暗黙で許されてる駐輪スペースだそうです。
私は知らずに適当に停めたのですが、向かいの土産屋さんに
あそこにすーっと入ってきたから知ってる人かと思った
と言われました(^^;

■こんな雰囲気が熊野古道ってやつですかね。
真ん中にガードレールがありますが。
P1030147.jpg

滝の撮影は光の具合で結構むずいです。
P1030148.jpg

いったん戻って参道を登っていきます。
重装備のライダーにはいい運動です(^-^;
さわやかな竹林。
P1030151.jpg

入り口
P1030152.jpg

初詣の準備万端といった感じでした。
P1030154.jpg

隣のお寺。
P1030155.jpg

塔と滝
P1030157.jpg

こうやって階段を撮るふりをして
P1030159.jpg

光学12倍で激写しちゃいけませんよ(ヲイ
P1030158.jpg

■こちらは串本よりの「橋杭岩」。
右の奥に見えるのがループ橋です。
P1030166.jpg

■2日にキャンプ仲間に見送られ潮岬を出発。
道の駅紀宝町ウミガメ公園
P1030175.jpg

え、えさー
P1030178.jpg

以降は大して写真はないです(^-^;
途中R42からさらに海沿いのR311に逸れましたが、
この道は幅狭いしウネウネでおっかなかったです。
またコンビニやGSとかちょっとした休憩ポイントが殆どなく
寂しいといっていた友人の話が少しわかりました。
正直、単純に距離を稼ぎたいならずっとR42でいいと思います。

■2日はなるべく名古屋に近づいておきたいし、
テント張ったら翌朝めんどいのでユースホステルにしました。
鳥羽と伊勢の間にあるYH太江寺というとこです。
寺とあるとおり、寺の離れを開放してるようです。
一泊3000円くらいだったかな。実は私YHって初めてです。
誰かお仲間がいないかなと思ったものの、
予約は長期のファミリーが2組のみで、
飛び入りも来ませんでした。YHって最近流行ってないんですかね。
一人部屋でノートでCLANNAD見ながら飲んでました。
変な人です!!(風子)」

■3日はフェリーは夕方発だったのですが昼に名古屋の友人に会うために
朝から伊勢を発ちました。下道R23だったので渋滞を覚悟してましたが
全然流れもよく、昼前には名古屋に着いちゃいました。
最初はフェリー埠頭に近い築地口で会う予定でしたが
結局栄まで出張りました。ライダー姿で(^^;

友人が折角だからひつまぶしを食おう、味噌カツを食おうとか誘ってくれましたが
どこもすごい行列で、結局は
CA330111.jpg
スガキヤ最高(^-^)

例によって大洲をぶらついたり喫茶店で話して時間をつぶしてました。

■さて帰りのフェリーですが、名古屋→仙台便に乗るのは初めてです。
名古屋のフェリー乗り場(待合室)は仙台より小さくて寂しい印象でした。
土産屋(というか食堂)もやる気ないし。
フェリー埠頭に行く県道沿いに大きなスーパーあるので
食料買い込んどくのもアリかと。

行きの便で要領を得た私は、乗船後
・まず電源のあるテーブルの確保→入浴→乾杯
と頭に工程を一個増やしました。
ちなみに、A寝台はコンセントは無いですがテレビがあります。
テレビにも電源がいります。
しかしテレビにはフードがネジ止めされてます。
…以下は自己責任でどうぞ(を

■翌日のもう日暮れくらいに仙台着。
ああ、あっという間の年越しツーリングだったなとたたずみながら、
夕暮れの仙台港を後にしました。

ちうことで長きにわたる年越しツーレポも終わりです。
来週のこの時間は?(w


…なんとちょっとした旅行があるのです。お楽しみに!

プロフィール

mikkie

Author:mikkie
名古屋在住。
現在のバイクたち
Honda CBR1100XX (メイン)
Kawasaki W650(預かり)
brompton M3R(輪行旅用)
Suzuki GAG(実家で隠居)

カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
予定調和帳
週末の予定です。雨だと大体中止。
5/13 仕事
5/20,21 大津谷キャンプ
5/27 仕事
6/3-4 百万石
6/10 仕事
お気軽にお誘い下さい。
カウンター
お気に入り
最近のコメント
シンプルアーカイブ
ブログ内検索
最近の記事
カテゴリー
リンク
このブログをリンクに追加する