2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
セロー 陣馬形山酒の陣
- 2015/05/26(Tue) -
2週続けての陣馬形山です。
今回は9時くらいに出発したものの、
なんか名古屋市内混んでたので名古屋ICの誘惑にかられ、
またも高速で松川へワープ。

昼には着いたので
DSC00454.jpg
清流苑で入浴&ごぼ豚丼。
キララでビールとつまみ、ホムセで薪を積んで陣馬へ。
途中更に、中川村は陣馬麓の酒蔵、今錦こと米澤酒造へ。
(好みの蔵でした)

やっぱり今週末は人多かったです。マゲさんが着いてました。
KIMG0297.jpg
新幕がまさか赤パビとは。

KIMG0298.jpg
赤パビも私の型と作りが随分変わってました。

中にテントのインナーを2つ入れて、宴会してました。
土曜も綺麗な夕焼け。
DSC00458.jpg
気温は最低7度台まで下がり、赤パビでは
焚き火はできないので寒かったです(--;

翌朝、何やら水道の水が出ないらしい。
多分汲み上げポンプが故障したんだろうなあ。
KIMG0300.jpg
マゲさんは赤パビを乾かして帰還。
タイガーにも跨らせてもらったし、
色々ありがとうございました。

一人残って、
KIMG0303.jpg
寝床を作り直して、チープタープを試し張り。
KIMG0304.jpg
要はヘキサタープと同様の立て方だから、一人でも平気で立てられます。

この後、東の元ダートから北上し、
KIMG0312.jpg
KIMG0311.jpg
思えばここで止まったのは初めてかも。

伊那へ昼食。
KIMG0306.jpg
こやぶ蕎麦で山かけ大盛り。
この後近所の大國酒造に寄り、
特に買い出しもせず食材の残りで宴会開始。
KIMG0314.jpg
謎のささやかなつまみは次回に持ち越し。

KIMG0317.jpg
塩辛で気合が入ってきた…(☆ワ☆)

KIMG0315.jpg
焚き火と風よけ幕で寒さもなんのその。
この日は最低9度くらいかな。
日曜夜も意外とキャンパー来てました。
ただ、馬鹿騒ぎする輩は来ず、割りと静かにソロを楽しむ方が多かったかも。
土曜は○○が多かった。

翌朝はカプメンとランチパックと、
KIMG0319.jpg
地元のヨーグルト。

KIMG0318.jpg
朝も余った小枝を消費&ゴミ焼き。ていうか買ってきた薪は殆ど持ち帰りで、
拾った枝や薪の燃え残りで十分でした。
KIMG0320.jpg
薪は えいやっと積んで持ち帰り。
帰り道飯田の喜久水酒造に立ち寄って(詳細は後日)
例によってR153下道で昼過ぎ帰宅。


この記事のURL | [旅]中部 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
<<長野の酒蔵その6 米澤酒造 | メイン | 写真で綴る 2015GW 最終夜大山~琵琶湖編>>
コメント
- No title -

焚火台の下には何を敷いているのでしょう?
先日、同じ焚火台を使って見事に下を焦がしてしまひましたw

そろそろご一緒したいですね♪
2015/05/26 21:21  | URL | itomotomu #-[ 編集] |  ▲ top

- >itomotomuさん -

amazonで「スパッタシートライト 1号」
というのを買いました。
要は溶接用の耐熱シートです。
芝を焼かないし、灰も地面に溜まりません。

収納はファイヤースタンド本体の
網と一緒に巻いていくと手が汚れず
嵩張りもしません。
純正に付属すればいいのにと思います。

はさみで切れるので燃えないテーブルクロスにも使えますよ。

また長野北部辺りでやりたいですね。
2015/05/26 21:37  | URL | mikkie #jzoRvsuU[ 編集] |  ▲ top

- No title -

R-110張るのが少しメンドクサ!でもイイよね。
最近、HSCとSRCコラボのR-SK16を手に入れました。
キャンプツーリングは回数が減ったというのに。
スタンディングテープでシェルターに出来るので色々考え中です。
2015/05/26 22:07  | URL | はたけん #gJtHMeAM[ 編集] |  ▲ top

- >はたけんさん -

よりマニアックなテントに走ってますね。
キャンプレポを見た覚えが…
2015/05/27 20:04  | URL | mikkie #jzoRvsuU[ 編集] |  ▲ top


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://gag50.blog77.fc2.com/tb.php/1030-eb5b04f2
| メイン |